ホワイト サンダル 【国際ブランド】

さまざまな業種のお客さまの課題、NTT東日本のサービスやICTソリューションの導入理由、そして効果についてご紹介しています。

はなちゃんさん専用¨̮,
TOMFORD トムフォード サングラス メガネ高級メガネ TF5427 057,
【新品未使用】new balance×thisisneverthat,

ホワイト 【国際ブランド】

ホワイト
カラー···ホワイト
 「きいちのぬりえ」で知られる塗り絵作家・蔦谷(つたや)喜一さん(一九一四〜二...
「『お嫁さん』は喜一が好んで描いたモチーフ」と話す金子マサ館長 =いずれも荒川区のぬりえ美術館で

「『お嫁さん』は喜一が好んで描いたモチーフ」と話す金子マサ館長 =いずれも荒川区のぬりえ美術館で

 「きいちのぬりえ」で知られる塗り絵作家・蔦谷(つたや)喜一さん(一九一四〜二〇〇五年)の作品を集めた「ぬりえ美術館」(東京都荒川区町屋四)で、十月三十日の閉館を前に最後の企画展が開かれている。金子マサ館長(73)によると、閉館を告知して以降、来館者が増加。寄贈などで集めた国内外約八千点の塗り絵資料は、一部の寄贈先が決まりつつあるという。(小形佳奈)
 「ありがとう きいち 秋〜きいちのぬりえ 永遠なれ」と題した企画展では、虫の声や涼風など秋の風情のほか、蔦谷さんが好んで描いた「花嫁さん」シリーズ、「フジヲ」のペンネームで作品を発表していた昭和十年代の塗り絵など約二百点を展示している。
 閉館を知り初めて来館したという区内在住のパート皆川さつきさん(63)は「周りの女の子は誰もが持っていた。『の』の字の目や洋風の顔立ちが懐かしい」と展示に見入っていた。
来館者が自由にケースを引き出して展示を見ることができる

来館者が自由にケースを引き出して展示を見ることができる

 蔦谷さんのめいに当たる金子さんは二〇〇二年、改築した自宅の一階に美術館を設けた。米国、ドイツ、フランスでも「きいちのぬりえ展」を企画。イタリア、ベトナム、ロシアなど海外の塗り絵文化も研究し、著書にまとめた。
 同館の企画・運営を一人で手がけてきたが、体力的な理由で閉館を決めた。塗り絵や関連書籍など約八千点に及ぶ所蔵品を保管し展示も続けてくれる寄贈先を探す中で、荒川区が一部を受け入れる方針を示している。区の担当者は、主に蔦谷さんの作品について「日本の子どもの文化を伝承する貴重な文化的資産として後世に伝えるため、受け入れの準備や公開方法の検討を進めている」とする。
 金子さんは「これからも多くの人に、きいちのぬりえを見てもらいたい」と話す。開館は土日の正午から午後六時。入館料は中学生以上五百円、小学生百円。問い合わせは同館=電03(3892)5391=へ。
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

資料をまとめてダウンロード

数ある導入事例の中から、NTT東日本がおすすめするテーマの事例を
セットにしました。
お探しのテーマの事例を、まとめて簡単にダウンロードいただけます。
ファイルとして保管しやすく、また印刷に適したPDFデータです。
是非お役立てください!

  1. ホーム
  2. サンダル
  3. ホワイト

テレワーク関連のオススメ事例

露草のモダン和装衣装フルセット一式。アイドルコスプレモデル被写体撮影にも。