ディズニーリゾート 折り畳み傘 傘 【即納】

さまざまな業種のお客さまの課題、NTT東日本のサービスやICTソリューションの導入理由、そして効果についてご紹介しています。

セレナSR(おまけ付き),
【大幅値下】THE NORTH FACE SUMMIT SERIES XLサイズ,
マビックディーマックス26インチ,

ディズニーリゾート 折り畳み傘 【即納】

ディズニーリゾート 折り畳み傘
ディズニー 折り畳み傘 パーク 夜景 晴雨兼用 新品未使用です。 大切に保管してきて出品かなり迷っているためお値下げはしません。 ディズニーランド ディズニーシー
 1000本近い樹木伐採の可能性がある明治神宮外苑地区の再開発について、小池百...
神宮外苑の木漏れ日=国立競技場前で

神宮外苑の木漏れ日=国立競技場前で

 1000本近い樹木伐採の可能性がある明治神宮外苑地区の再開発について、小池百合子知事をはじめ東京都は「新たな植樹などで緑は増える」と繰り返し説明している。樹齢100年級の巨木が切られ、代わりに植えるのは若木のため、木の本数は増えてもボリュームは減り、緑の質は大きく変わる。記録的な猛暑が続く中、「ヒートアイランドは強まって外苑の気温は上昇する」などと専門家からは反発する声が上がる。(森本智之)

◆小池知事「伝わってないようですけど…」

 明治神宮外苑の樹木伐採 新宿区都市計画審議会の資料によると、再開発エリアの約1900本のうち約900本を伐採。新たに1000本近くを植え、合計樹木は1972本となる。伐採する樹木の大半は外苑の創建時に植えたとみられ、文化的、歴史的価値の観点などから「新たに植えても代えは利かない」との批判が起きた。東京都の環境影響評価の資料によると、計画地内に新たにつくられる緑地の面積の62%は屋上緑化(高さ2メートルほどの低木)で、26%は芝生。残りは高さ4メートルの樹木が8%、8メートル程度の木は4%にとどまる。このため再開発後に緑地の面積は2割弱増えるが、体積は約1割減る見通し。

東京都の小池百合子知事

東京都の小池百合子知事

 「1000本切り倒すみたいな話しか伝わってないようですけど間違いです。約1900本から約2000本へ増える計画になっています」。小池氏は5月27日の会見で事業者の計画に理解を示した。都の上野雄一技監(当時)も2月の都議会で「今回の計画は従来よりも緑の量を増加させるなど緑を充実強化し、緑を保全する」と答弁。これが樹木伐採に対する都側の見解だ。

◆「100年の大木と若木ではレベル違う」

 樹木の生態に詳しい千葉大の藤井英二郎名誉教授(環境植栽学)は周辺を涼しくする樹木の冷却効果に着目し「100年の大木と、新たに植える若木ではレベルが全然違う。緑の持つ効果は増えるどころか、確実に損なわれる」と反論する。
 木陰は直射日光を防ぐ。夏場のアスファルトの路面温度は50度を超えることもあるが、木陰では20度ほど下がる。加えて、樹木は表面が温められると葉から水蒸気を放出、その際に周囲の熱を奪う特性がある。こうした樹木の性質がヒートアイランドの緩和に役立つ。木が大きい方が効果も大きくなる。
 藤井氏によると、深刻化する温暖化から都市を守るため、欧米では高木の枝や葉(樹冠)が覆う緑陰の面積を引き上げることに腐心している。「新しく植えても樹冠は大きく縮小する。本数を確保すればいいというのは、国際的標準からずれた発想だ」という。
 ヒートアイランドに詳しい東京都立大の三上岳彦名誉教授(都市気候学)も小池氏の発言を「新しく植えた木が、今の木と同じ冷却効果を発揮するのは100年後」と疑問視する。外苑の再開発では高層ビルを建てるが、コンクリートは熱をため込み、ビルの空調設備の排熱などで都市を温めるためヒートアイランドの一因になる。「天然のクーラーを減らしてストーブを作るようなもの。再開発で外苑地区の気温は上がるはずだ」と推測する。
▶次のページは…樹木が街を冷やす効果は実証済み、世界の潮流に逆行
前のページ
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

資料をまとめてダウンロード

テレワーク関連のオススメ事例

GUCCI グッチ GGスプリームキャンバス レザー ショルダーバッグ