NIKE / STÜSSY GARMENT S WINDRUNNER DYED ナイロンジャケット 人気商品は

さまざまな業種のお客さまの課題、NTT東日本のサービスやICTソリューションの導入理由、そして効果についてご紹介しています。

Sleeim(スリーム) テレビ番組で紹介!いびきをケア、快眠をサポート,
ランドロード ボンバージャケットs,
脚付きマットレスベッド ブラック ダブル 通常丈 ポケットコイル,

STÜSSY / NIKE GARMENT DYED WINDRUNNER S 人気商品は

STÜSSY / NIKE GARMENT DYED WINDRUNNER S
確実、本物の正規品です!! 他サイトにも出品中ですので、早い者勝ちです!! 商品をご覧いただきありがとうございます。 ナイキとステューシーのコラボになります。 購入先:END. 状態:新品未使用・未開封 関税+送料の関係でお値下げ不可ですm(_ _)m END.にて自身購入の正規品です。 購入後は、返品クレームは受けて おりませんのでお願い致します。 新品未使用での出品です! 神経質な方は、ご遠慮くださいませm(_ _)m
  オリンピックやテニスの4大大会など世界トップで活躍した元女性アスリートが次世代を支援する団体を相次いで発足させている。ジュニアの育成や大会の設立、キャリア支援などに取り組んでいくという。なぜ動き出し、何を目指しているのか? ◇女子テニスの元トップ50が新団体で始動 中高生の時はどんな選手だったの
10月に初めてのオンラインセミナーを開いた元トップ50の選手たち=JWT50提供 拡大
10月に初めてのオンラインセミナーを開いた元トップ50の選手たち=JWT50提供

  オリンピックやテニスの4大大会など世界トップで活躍した元女性アスリートが次世代を支援する団体を相次いで発足させている。ジュニアの育成や大会の設立、キャリア支援などに取り組んでいくという。なぜ動き出し、何を目指しているのか?

女子テニスの元トップ50が新団体で始動

 中高生の時はどんな選手だったのか? プロで活躍できる選手は何が違うのか? 10月23日、女子テニスで世界50位に入った元選手たちが世界を目指す女子ジュニア向けにオンラインセミナーを開いた。

 元世界4位の伊達公子さん(52)が次世代の挑戦を支援しようと杉山愛さん(47)ら元トップ50の女子選手に呼びかけ、6月に一般社団法人「Japan Women"s Tennis Top50 Club」(JWT50)を設立。その初めてのイベントだった。

 元トップ選手ならではの経験談を交え、プロになるタイミングや試合の選び方など、オンラインで参加した13~18歳のジュニア20人の質問に答えていった。伊達さんは「日本人が世界に近づいていく要素は昔も今も変わらないと感じている。世界を目指していく中で少しでもヒントになればいいということで立ち上げた」と設立の目的を説明した。

 伊達さん、杉山さん、神尾米さん(50)が理事を務め、浅越しのぶさん(46)、小畑沙織さん(44)、長塚京子さん(48)、中村藍子さん(38)、森上亜希子さん(42)の8人で発足。9月に現役を退いたばかりの奈良くるみさん(30)も加わった。

 現在、シングルスの世界ランキング100位以内は大坂なおみ選手一人だが、伊達さんが世界4位になった1995年は4大大会のシングルス本戦に10人前後が出場していた。

 JWT50では今回のセミナーのような直接指導のほか、メンバーの経験や知識を含む情報発信、世界への登竜門となる国際大会の設置・運営サポートなどをしていくという。

 杉山さんは「メンバー全員が違う道のりでトップ50に入った。答えは一つではなく、何か自分に合うことがあると思う。人間としても成長できる挑戦しがいのある世界です」と話す。

オリンピアンら7人が人材育成支援

任意団体「Making an ERA」代表の山田明季さん=団体のインスタグラムから 拡大
任意団体「Making an ERA」代表の山田明季さん=団体のインスタグラムから

 アスリート向けに人材育成をする任意団体「Making an ERA」を作ったのはオリンピアンら女性7人だ。監査・コンサルティング大手のEYジャパンが提供する女性アスリート向けのキャリア支援プログラムで出会った仲間たち。競技引退後のセカンドキャリア支援や社会で活躍するリーダーの育成を目的にしたプログラムに参加し、そこで学んだことを現役選手のうちから考えてほしいと思い、団体を立ち上げたという。

 ホッケーの元日本代表で2021年東京五輪の後に現役を退いた山田明季さん(29)が代表を務める。メンバーはゴールボールで08年北京パラリンピックに出場した高田朋枝さん(38)のほか、サーフィンやパラ陸上など異なる競技から集まった。

相談しやすい「シスター」

 山田さんは「人生は自分でデザインする。そんな考えを持った自立したアスリートが増えてほしい」と話す。選手時代は飲料メーカーのホッケーチームに所属しており、引退後は同社の環境分野に関わる部署で働くことを希望した。オーストラリアやイギリスでプレーした経験もあるが、当初は日本語しか話せず、マイノリティーの立場を味わった。「大変な思いをしている少数派がたくさんいるのでは」と思い、SDGs(持続可能な開発目標)に関心を持ったという。

 進路を模索している時、社長にプレゼンする機会を得て、アスリートの経験を生かして環境分野で実現したいことなどを伝え、希望する部署に配属が決まった。

 山田さんは「海外の選手がスポーツは人生の一部という捉え方をしているのを見て、自分も現役時代からキャリアについて考えていた」と話す。海外では弁護士や看護師の資格を持つ選手もいて、「自分の人生は自分で選択し、競技以外と両立させるのが当たり前という考えが強い」と感じたという。「(日本でも)アスリートの経験を違う分野で生かし、ロールモデルになる選手が増えてほしい」と話す。

 7人のメンバーのうち、アイスホッケーで14年ソチと18年平昌の両五輪代表だった中村亜実さん(34)はEYのプログラムに参加し、課題に対し自主的に動いて答えを出していくアスリートの姿に接した。「自分の性格だと思っていたところがアスリートの特性だと気づいた。自分の強みとアスリートとしての特性を正しく理解し、生かしていく力も必要だと思う」と話す。

「Making an ERA」で活動するアイスホッケー元五輪代表の中村亜実さん=本人提供 拡大
「Making an ERA」で活動するアイスホッケー元五輪代表の中村亜実さん=本人提供

 団体ではスポーツ庁の委託事業の一環として、アスリートのキャリアをテーマに9日と23日に第1回のワークショップを開催。「自分の特性を理解して、どんな分野に進みたいかふんわりでも思い描くことで次につながると思う。そのきっかけを提供したい」と中村さん。アスリートがアスリートを支援する強みとして、「同じような悩みや壁を感じてきたので、少し先を歩む先輩として経験を話すことで、不安や悩みの解決、きっかけになればうれしい」と話す。相談しやすい「シスター(姉)のような存在」を目指している。【長野宏美】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

資料をまとめてダウンロード

テレワーク関連のオススメ事例

SHIPS ダブルライダースジャケット ホースレザー