洗濯機 2020年製 日立 NW-70E 7.0kg 白い約束 (n6497) 洗濯機 円高還元

さまざまな業種のお客さまの課題、NTT東日本のサービスやICTソリューションの導入理由、そして効果についてご紹介しています。

十四代 1800ml 日本酒,
GUCCI★DISNEY x GUCCI ミッキー アクセサリーボックス,
Dsquared2 スケータージーンズ 46 美品,

洗濯機 2020年製 日立 NW-70E 7.0kg 白い約束 (n6497) 円高還元

洗濯機 2020年製 日立 NW-70E 7.0kg 白い約束 (n6497)
【商品詳細】 洗濯機  2020年製  日立  NW-70E  7.0kg ステンレス槽 サイズ 幅577×奥535×高986mm 【付属品】 給水・排水ホース 【動作】 確認済み ※他メーカーより多少動作音が大きい気がしますが、元々の仕様だと思われます。 【商品状態】 外観多少の傷や汚れあり 使用感ありです。 【配送方法】 梱包たのメル便 (※分解して発送する商品につきましては、工具は付属しませんのでご購入者様にてご用意ください。) (※電池などの消耗品は付属品しません) (あくまで当方の基準ですので、最終判断は写真にてお願い致します。) (付属品につきましては、写真に写っているものが全てになります。)
 東京都千代田区による区道「神田警察通り」のイチョウ伐採計画を巡り、地元が揺れ...
神田警察通りのイチョウ並木=東京都千代田区で(2022年4月25日撮影)

神田警察通りのイチョウ並木=東京都千代田区で(2022年4月25日撮影)

 東京都千代田区による区道「神田警察通り」のイチョウ伐採計画を巡り、地元が揺れています。
 歩行者や自転車用の道路を整備する計画の2期工事で、沿道のイチョウ32本のうち30本を伐採、2本を移植します。跡地には新たに39本のヨウコウザクラを植える計画です。
 沿道住民の間でも賛否が分かれています。これまでの経緯をまとめました。(2022年4月27日現在)

<取材記者の見方>実際と異なる説明、監査結果待たず着工…目立つ千代田区の不誠実な態度

 千代田区の「神田警察通り」のイチョウ並木伐採に至る過程では、区の周知不足や不誠実な態度が目立った。もともと既存のイチョウを活用すると記載していた指針「神田警察通り沿道賑わいガイドライン」を一昨年末に改定。大きく方針転換したのに、区議会で昨年、質問されるまで改定について説明していなかった。
 さらに所管の部長は住民に対し、パブリックコメント(意見公募)をしたかのように実際と異なる説明もしていた。
 伐採や改定について、区は町会長や観光協会、有識者などでつくる「神田警察通り沿道整備推進協議会」に説明してきたとする。だが、そこから住民までは浸透しておらず、「いつ、どこで伐採が決まったのか」と疑問が噴出した。初めて住民説明会を開いたのは昨年12月で、既に伐採を伴う工事契約は結ばれていた。
 一連の手続きが不適切だとして今月21日には区民20人が連名で、予算執行しないよう求める住民監査請求を区監査委に出したが、監査結果を待つことなく区は着工した。対立を生まないよう一致点を探ろうとする姿勢はあまりうかがえず、木だけでなく、地域との信頼関係もばっさり切れかねない。(井上靖史)

未明に着手、イチョウ2本を伐採 抗議住民を警官隊が取り囲む

伐採工事が行われたイチョウ並木=27日午前1時31分、東京都千代田区で

伐採工事が行われたイチョウ並木=27日午前1時31分、東京都千代田区で

 26日深夜になっても区が工事をする様子がなかったため、保存を求める住民らは現場に数人を残して自宅に戻るなどした。日付が変わった午前零時半ごろ、続々と工事車両が集まり、柵を設けたといい、高所作業の機材を使いイチョウ2本を伐採した。

伐採工事2日目 現場のずさんさ判明

 イチョウ並木の伐採工事に着手してから2日目の26日、工事の中止を求める住民らは引き続き現場に集まり、樹木の前に座り込むなどして伐採に反対した。

伐採工事に着手 現地で抗議

4月25日、イチョウの木を囲み伐採に抗議する人たち=東京都千代田区で(平野皓士朗撮影)

4月25日、イチョウの木を囲み伐採に抗議する人たち=東京都千代田区で(平野皓士朗撮影)

 道路を管理する区が25日、伐採工事に着手した。住民からは区の強硬な姿勢に批判の声が上がった。

安全祈願神事 千代田区「工事は粛々と進める」

伐採を伴う工事の安全祈願式。区は25日にも着工する予定だ=22日、千代田区で

伐採を伴う工事の安全祈願式。区は25日にも着工する予定だ=22日、千代田区で

 イチョウ伐採計画に住民が反対する中、伐採を伴う道路工事の安全を祈願する神事が現地であった。 区は「工事は粛々と進める」とし、住民からの監査請求の結果が出る前に着手する意向を示した。

伐採、千代田区の要綱違反か 守る会が住民監査請求

 住民ら20人は、区が整備方針のガイドラインをパブリックコメント(意見公募)にかけずに改定し、それを根拠に伐採に関わる予算執行するのは区の要綱に反しているとして区に住民監査請求した。

地元住民、保存の要望書を新たに提出

区がイチョウに取り付けた伐採の告知=千代田区神田錦町3丁目で

区がイチョウに取り付けた伐採の告知=千代田区神田錦町3丁目で

 伐採対象区間に掛かる錦町三丁目町会の住民が「イチョウを保存したまま道路整備するよう求める」要望書を、区長と区議会議長宛てに新たに提出した。

イチョウ伐採 千代田区が通知

 区はイチョウ伐採を4月下旬に着工する方針を住民に通知した。9日に初めて開かれた住民協議会で意見がまとまらなかったことを理由にしている。

賛否交えた住民協議会を開催

神田地区在住の住民に限定した話し合いの場を開催。伐採に賛成し町会長や観光協会などでつくる「神田警察通り沿道整備推進協議会」に所属する人、伐採に反対する住民グループ「神田警察通りの街路樹を守る会」に所属する人らが参加した。
 反対派は「イチョウを保存しながらの道路整備は可能」と訴えたが、伐採を望む住民は「イチョウを(区が計画する)ヨウコウザクラに植え替える方が『客を呼べる』」などと主張。折り合いがつかず、進行役の区職員が会場使用の時間切れを理由に会合を打ち切った。

伐採着手を一時見合わせ 住民らの反対受け

「今月中旬に撤去する」との方針を伝える看板が外された神田警察通りのイチョウ

「今月中旬に撤去する」との方針を伝える看板が外された神田警察通りのイチョウ

 区が「今月中旬から撤去を始める」とイチョウの木に設置していた看板を外した。住民らの反対を踏まえ、着手の時期をいったん見合わせることにした。

「守る会」に千代田区が説明 

イチョウ伐採について区にただすため住民が開いた会合。一般住民が区から説明を最初に聞いたのはわずか1カ月前の21年12月だったという=1月8日、千代田区の神田公園出張所で

イチョウ伐採について区にただすため住民が開いた会合。一般住民が区から説明を最初に聞いたのはわずか1カ月前の21年12月だったという=1月8日、千代田区の神田公園出張所で

 沿道住民らでつくる「神田警察通りの街路樹を守る会」が、区内で会合を開き、区の担当者に説明を求めた。住民側からは「周知が十分にされていない」などとして見直しを求める意見が相次いだが、区はこの日の会合では見直しに触れなかった。

千代田区がイチョウ並木を1月中旬にも伐採する方針を決め、住民が守る会を結成したと本紙が報道

伐採が計画されるイチョウの前で、保存への思いを語る「神田錦町壱丁目町会」の藤井城会長

伐採が計画されるイチョウの前で、保存への思いを語る「神田錦町壱丁目町会」の藤井城会長

 東京都心の文教地区のシンボルとして親しまれている「神田警察通り」(千代田区)のイチョウ並木が危機を迎えている。道路を管理する区が自転車・歩道整備のため今月中旬にも伐採する方針を決めたためだ。区は8日、住民への説明会を開くが、愛着ある景観が失われることを惜しむ声は多く、紛糾が予想される。
(編集:デジタル編集部 三輪喜人)
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

資料をまとめてダウンロード

テレワーク関連のオススメ事例

キンプリ着用✨NIKE AIR JORDAN 1 MID 26.5cm