【激レア】マイメロディ レースデザインシリーズ ウェディング ぬいぐるみ 【楽ギフ_包装】

さまざまな業種のお客さまの課題、NTT東日本のサービスやICTソリューションの導入理由、そして効果についてご紹介しています。

noble i line all in one / RIM.ARK,
あやお様専用 ゴルフクラブ セット,
xim apex,

【激レア】マイメロディ レースデザインシリーズ ウェディング 【楽ギフ_包装】

【激レア】マイメロディ レースデザインシリーズ ウェディング
マイメロちゃんの激レア大人気レースデザインシリーズの とっても可愛いDXぬいぐるみになります! 透明なケースに入れて大切に自宅保管しておりましたので、新品同様です。 ただ、発売から時間が経った商品ですので 神経質な方や完璧美品をお求めの方はご購入御遠慮下さい。 お顔も当日並んでいた中から可愛いこを選んでおります。 こちらはプレミアがついている貴重なお品ですので大幅なお値下はできません。 ご購入前にプロフィールを必ずお読み頂き、ご理解ご納得の上でのご購入お願い致します。 マイメロ マイメロディ サンリオ クロミ 結婚 かわいい キャラクター···サンリオ
ぐるり東京 街さんぽ 東京の街さんぽにおススメのスポットやイチオシのお店を紹介!...
ぐるり東京 街さんぽ

東京の街さんぽにおススメのスポットやイチオシのお店を紹介!スマホでチェックできるイラストマップを片手に、身近な街の魅力を再発見!毎週木曜日更新

イラスト:杉崎アチャ

イラスト:杉崎アチャ

中板橋のココが見どころ!

 中板橋商店街の発足は昭和42年(1967年)。昭和8年(1933年)に中板橋駅が開業したあと、駅周辺に自然発生した複数の商店街がそのルーツです。多くの地元住民で賑わい、活気がありながらも懐かしい雰囲気が感じられます。毎年7月に開催される「なかいたへそ祭り」は、おなかに顔を描き、笠を被って踊る「へそ踊り」を中心にさまざまな踊りを取り入れたお祭り。板橋区の「へそ=中央」に商店街が位置することから名付けられました。駅の北側を流れる石神井川は桜の名所としても有名です。
3月下旬から4月上旬にかけて、石神井川両岸に咲き誇る1000本以上の桜が見頃を迎えます。

3月下旬から4月上旬にかけて、石神井川両岸に咲き誇る1000本以上の桜が見頃を迎えます。

昭和の面影が残る庶民的な街で和洋レトロスイーツ巡り

 中板橋駅の南口を出て、すぐに目に飛び込んできたレトロな看板。純喫茶ファンからも注目を集めている老舗洋菓子店「欧風菓子 白鳥」です。ワクワクしながら店内に入ると、ショーケースにずらりと並んだケーキがお出迎え! 定番のショートケーキやアップルパイのほか、ザッハトルテやティラミス、旬の食材を使用した季節限定ケーキなど、品ぞろえの豊富さに驚きます。最近ではなかなか見かけなくなったサバランやプリンアラモードに懐かしさを感じる方も多いのではないでしょうか。
 魅力的なケーキが多すぎて迷いましたが、ここは看板メニューのシュークリームをオーダーしました。店名にちなんだスワン型のシュークリームがテーブルの上に現れると、その美しさに思わず嘆息。「食べるのがもったいない」とはまさにこのことです。羽を模したシューにクリームを乗せ、丁寧に時間をかけていただきました。
 スイーツを食べたあとの幸福感に包まれながら、踏切を渡って中板橋商店街のゲートをくぐります。
親しみやすい「なかいた」の文字が印象的な商店街ゲート。

親しみやすい「なかいた」の文字が印象的な商店街ゲート。

 次なる目的地も「欧風菓子 白鳥」同様に、中板橋で昭和40年代から営業を続けているお店です。老舗和菓子店「大和屋」の名物はへそ饅頭。今では中板橋の代名詞となった「なかいたへそ祭り」が初めて開催された頃、町おこしに協力するかたちで開発したのだそう。
 中板橋ならではのお土産を入手できたので、のんびり周辺を散策しようと思います。大和屋の店主さんにおすすめスポットを伺ったところ、大和屋に面した道路沿いに「延命子育て地蔵」があると教えてくれました。安産、育児、受験祈願のほか街の繁栄のご利益もあるというお地蔵様にお参りをしたら、桜の季節に思いを馳せながら石神井川沿いを歩いてみましょう。

<中板橋のおすすめスポット>

■欧風菓子 白鳥

 昭和41年(1966年)創業の老舗洋菓子店。看板メニューは白鳥の形をした美しいシュークリームです。すべて店内の工場で手作りされているので、顔や姿がひとつずつ微妙に異なります。先代から受け継いだレシピで作られた生クリームは甘さ控えめ。その他のケーキなどのレシピも、先代の頃からほとんど変えていないのだそう。
(上)シュークリーム(300円)。スワン型シューの中身は、生クリーム&カスタードクリーム入り生クリーム。満足度の高いダブルシューです。(下)パーラーの2階席は地元住民の憩いの場。

(上)シュークリーム(300円)。スワン型シューの中身は、生クリーム&カスタードクリーム入り生クリーム。満足度の高いダブルシューです。(下)パーラーの2階席は地元住民の憩いの場。

スタッフ

スタッフ

先代の時代から上質な素材を使うことにこだわり続けているのは、親御さんがお子さんに安心して食べさせられるものを作りたいから。乳脂肪分100%の純生クリームは上品な味わいで、胃にもたれないと言っていただけることが多いです。

お客様

お客様

中板橋のケーキ屋さんと言えば白鳥さん! ケーキの種類が多くて選ぶのが楽しいです。プリンアラモード(430円)は子どもの頃からの大好物。ふわふわのオムレットケーキの中にカマンベールチーズのクリームがたっぷり入ったカマンベール(430円)もお気に入りです。

<データ>
住所 東京都板橋区弥生町31-15
電話 03-3958-4425
営業時間 10:00~20:00(パーラーLO19:00)
定休日 水曜

■大和屋

 創業は昭和36年(1961年)。昭和45年(1970年)に中板橋に移転し、以来、庶民的な手作りの和菓子を販売し続けています。名物のへそ饅頭は、ゴマの風味が香る昔懐かしい味わい。平成8年(1996年)、第一回なかいたへそ祭りの開催に合わせて商品化され、「板橋のいっぴん」にも認定されています。
(上)へそ饅頭(120円)。中央の窪みをへそに見立てた大和屋オリジナルのまんじゅうです。(下)大和屋外観。緑の看板と赤いのぼりが目印です。

(上)へそ饅頭(120円)。中央の窪みをへそに見立てた大和屋オリジナルのまんじゅうです。(下)大和屋外観。緑の看板と赤いのぼりが目印です。


スタッフ

スタッフ

へそ饅頭に次ぐ人気商品はみたらしだんご(1本90円)。昔ながらの味と価格で頑張っています。これからもへそ饅頭で中板橋商店街を盛り上げていきたいですね。

お客様

お客様

中板橋商店街を歩くと古いお店が減ったなと感じます。そのなかで大和屋さんは、昔のままの店構えでまだまだ現役。変わらぬ品ぞろえの良さと素朴な味わいに元気をもらっています。

<データ>
住所 東京都板橋区中板橋20-12
電話 03-3962-7769
営業時間 8:00~17:30
定休日 月曜、第3火曜もしくは第4火曜

※新型コロナウィルス感染症の影響で、掲載したお店や施設の臨時休業および、営業時間などが変更になる場合がございます。事前にご確認ください。
※掲載のイラストマップは縮尺や詳細な位置など、実際と異なる場合がございます。
※2022年11月24日現在の情報です。
※料金は原則的に税込み金額表示です。

【Googleマップはこちら】
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

資料をまとめてダウンロード

テレワーク関連のオススメ事例

【24時間以内に発送】dark green clutch bag