ルイヴィトン モノグラム トートバッグ トートバッグ 【在庫あり/即出荷可】

さまざまな業種のお客さまの課題、NTT東日本のサービスやICTソリューションの導入理由、そして効果についてご紹介しています。

15ss CRAIG GREEN レースアップワイドデニムパンツ,
新品未使用タグ付き JUSGLITTY ジャスグリッティー フードラップコート,
アブガルシアロッドセット,

ルイヴィトン モノグラム トートバッグ 【在庫あり/即出荷可】

ルイヴィトン モノグラム トートバッグ
20年前くらいに母親がデパートかアウトレットにて購入した物です。 中は百貨店にて張り替えをしてるので綺麗だと思います。 外見、中身等 画像にてご確認下さい。 素人検品の為、見落としがありましたらご了承ください。 ※自宅保管の中古品の為、ご理解頂ける方よろしくお願いします。
 ベトナム語の書籍ばかりを扱う珍しい書店が、埼玉県内にある。店主は「最初は書店を開くつもりなんてなかった」と語りながら、SNS(ネット交流サービス)でお薦めの本を熱心に紹介する。今や店のフェイスブックのフォロワー数は約7万人。コロナ禍での異国生活を送る多くの在日ベトナム人にとって、母国語で書かれた本
店頭に立つゴ・ゴック・カンさん。売り上げの大半がネット販売だ=埼玉県坂戸市で2022年11月11日、成澤隼人撮影 拡大
店頭に立つゴ・ゴック・カンさん。売り上げの大半がネット販売だ=埼玉県坂戸市で2022年11月11日、成澤隼人撮影

 ベトナム語の書籍ばかりを扱う珍しい書店が、埼玉県内にある。店主は「最初は書店を開くつもりなんてなかった」と語りながら、SNS(ネット交流サービス)でお薦めの本を熱心に紹介する。今や店のフェイスブックのフォロワー数は約7万人。コロナ禍での異国生活を送る多くの在日ベトナム人にとって、母国語で書かれた本が出迎えてくれるこの店は心の支えになっているようだ。【成澤隼人】

 東武東上線・北坂戸駅(埼玉県坂戸市)の東口を出て1分、マンション1階の一角に「Macaw Bookstore(マカオ ブックストア)」はある。約30坪の店内にはベトナム語の本がずらり。小説や絵本に料理本、日本語をはじめ各国語の参考書など、1万冊近くを取り扱う。

売れ筋ナンバー1はデール・カーネギーの世界的ベストセラー「人を動かす」のベトナム語版=埼玉県坂戸市で2022年11月11日、成澤隼人撮影 拡大
売れ筋ナンバー1はデール・カーネギーの世界的ベストセラー「人を動かす」のベトナム語版=埼玉県坂戸市で2022年11月11日、成澤隼人撮影

 一番の売れ筋は米国人の作家、デール・カーネギーの世界的ベストセラー「人を動かす」。原著は80年以上も前に発行されたが、今も根強い人気だ。日本人作家では東野圭吾の作品がベトナム人にもよく読まれるという。

 「もともと書店を始めるつもりはなかった。本が捨てられず困って、他の人に譲っていたのがきっかけでした」。店主のゴ・ゴック・カンさん(27)は照れ笑いしながら、流ちょうな日本語で明かした。

 首都ハノイ出身で、読書好きの父の影響で幼い頃から本に親しんだ。留学のために2015年に来日した後も、埼玉県内の日本語学校や大学に通いながら多い時で週に3、4冊を読破した。母国の実家から毎月スーツケースいっぱいの本を送ってもらった結果、下宿先は大量の本であふれた。

 しかし、もう読まない本を捨てることには抵抗があった。「日本では、ごみ捨て場に本が山積みにされていてびっくりしました。ベトナムにいた頃は他の人にあげるか、売りに出すのが普通でした」

東武東上線・北坂戸駅のそばにある「Macaw Bookstore」。店主お手製の看板にはベトナム語で「書籍販売はこちら」と書いてある=埼玉県坂戸市で2022年11月11日、成澤隼人撮影 拡大
東武東上線・北坂戸駅のそばにある「Macaw Bookstore」。店主お手製の看板にはベトナム語で「書籍販売はこちら」と書いてある=埼玉県坂戸市で2022年11月11日、成澤隼人撮影

 そこでまず考えたのが、読まなくなった蔵書をSNSを通じて売ることだった。絶版本もあるなど種類の豊富さで注目され、各地の在日ベトナム人からメッセージが届くようになった。

 新型コロナウイルスの感染拡大が始まると、自宅で読書をして過ごす人が増えたのか、さらに問い合わせが増えた。カンさんは「コロナで仕事を失ったり、学校に行けなくなったりした人も多くいました。そんな時に本が心の支えになったのかもしれません」と振り返る。

 経営者としてのビザを取得して、21年4月に店をオープン。母国から本を仕入れて販売するビジネスに乗り出した。今も売り上げの大半はネット販売が占める。留学生などの在日ベトナム人だけでなく、技能実習生を受け入れる日本企業からの注文も多いという。

 最近の円安で輸入にかかる経費は跳ね上がったが、「最近は注文のあった商品だけ仕入れるようにしている。お客さんのために、あまり値上げせずに頑張りたい」と話す。

店先にあるフリーライブラリー。利用者は読み終わった本を交換しあう=埼玉県坂戸市で2022年11月11日、成澤隼人撮影 拡大
店先にあるフリーライブラリー。利用者は読み終わった本を交換しあう=埼玉県坂戸市で2022年11月11日、成澤隼人撮影

 日本人がベトナムの文化に触れるきっかけになればと、「フリーライブラリー」の活動も始めた。店先に本棚を設置し、読まなくなった本を置いてもらったり、逆に自由に持ち帰ってもらったりする取り組みだ。

 「本を通じた集いの場を作りたい」。そんなアイデアもある。店内にテーブルや椅子を設け、自由に集まって食事や読書ができるようにしようと計画中だという。この夏には軽トラックを購入し、いずれは離れた場所に出向く「移動書店」もやりたいと考えている。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

テレワーク関連のオススメ事例

EPID 3 エピッド3 ☆りっく様用☆