不思議研究所 六爻占術セミナー2011年DVD その他 2017特集

さまざまな業種のお客さまの課題、NTT東日本のサービスやICTソリューションの導入理由、そして効果についてご紹介しています。

美品 PRADA プラダ 折り財布 サフィアーノ,
ONE PIECE 1巻〜98巻,
アルベロベロ♠ジャージジャケット,

不思議研究所 六爻占術セミナー2011年DVD 2017特集

不思議研究所 六爻占術セミナー2011年DVD
不思議研究所の六爻占術セミナー郭さんのDVDです。 郭さんの占例はストーリー仕立てになっていますので、同じテーマであれば同じような掛けが出る事がよくわかります。 占例をたくさん観るだけでも腕が上がるかと思いますので、オススメです。 ろっこうせんじゅつ ふしとも もりけん 占い トラさん
 2019年の台風19号は農業にも大きな打撃を与えた。栃木県足利市稲岡町で両親とともにイチゴ農家を営む嶋田有希さん(29)のビニールハウスも濁流にのみ込まれ全壊した。約1年かけて復旧し、現在は、建て直したハウスに高い位置で栽培する「高設栽培」を導入、とちおとめととちあいかを育てている。「復活できたの
丁寧に古い葉を取る嶋田有希さん=栃木県足利市稲岡町で2022年9月30日午前10時0分、鴨田玲奈撮影 拡大
丁寧に古い葉を取る嶋田有希さん=栃木県足利市稲岡町で2022年9月30日午前10時0分、鴨田玲奈撮影

 2019年の台風19号は農業にも大きな打撃を与えた。栃木県足利市稲岡町で両親とともにイチゴ農家を営む嶋田有希さん(29)のビニールハウスも濁流にのみ込まれ全壊した。約1年かけて復旧し、現在は、建て直したハウスに高い位置で栽培する「高設栽培」を導入、とちおとめととちあいかを育てている。「復活できたのは支えてくれた人たちのおかげ」と近く始まる収穫に向けて汗を流す。【鴨田玲奈】

 19年10月12日夜、近所の人から「外がすごいことになっている」と電話があった。自宅2階の窓から外を見ると、向かいにあるビニールハウスの天井まで水があふれているのが分かった。近くを流れる旗川から大量の水が流出していた。

 避難できる状況ではなく、一睡もできないまま夜を明かした。早朝、水の引いたハウスを見に行くと、「大丈夫かなと望みがあったハウスもことごとくダメだった」。連棟ハウス2棟、単棟ハウス12棟、計50アール分のハウスが土砂まみれになり、水をまく機械や暖房器具も壊れていた。「全滅か。ひどいな」。前日まで収穫を待つのみでワクワクしていたのに、ハウスを前にぼうぜんとするしかなかった。当時は就農して2年目。両親と一緒に仕事ができることに幸せを感じ、二人の背中を見て格好良いとも思っていた。

 台風の翌日、近くの農家仲間やJA職員、ボランティアが泥水のかき出しやごみの撤去を手伝ってくれた。嶋田さんは現実を受け入れられず、イチゴに「守ってあげられなくてごめんね」と思うことしかできなかったという。父雅幸さん(59)もショックで先のことを考えられない状態だった。ただ、仲間やボランティアは多い日は50人が集い、被災から約1カ月も手伝いを続けてくれた。嶋田さん家族は「こんなに応援してくれる人がいる。このままじゃいけない、頑張らないと」と徐々に自分たちを奮い立たせた。

 再建に向け、「まずは資金調達のために働きに出よう」。嶋田さんは茨城県古河市のレストランチェーンが運営する農場で、イチゴ栽培管理のアルバイトを始めた。母美千代さん(59)も近所のジムで働き始め、雅幸さんはイチゴ栽培再開のため、補助金申請などの手続きにいそしんだ。

 嶋田さんが11月から約半年、農場で働いて学んだのがイチゴの「高設栽培」だった。約120センチの高さで育てるため、地面に畝を作って苗を植える「土耕栽培」に比べ、浸水リスクは少ない。「再び大きな台風が襲来しても助かる苗があるのでは」。ハウス再建のめどがたった20年7月、雅幸さんと相談し、再建するハウス16棟のうち、10棟で高設栽培を導入することに決め、9月に苗を定植した。

 育てるのは簡単ではなかった。肥料のやり方や温度管理などの栽培方法は、土耕栽培と全く異なる。「イチゴの株がどのくらい栄養を吸ったか、データ管理する必要がある。吸い過ぎると実が付かず、足りないと病気の原因になる」。以前は気にしなくて良かったことも、苦手な機械を使ってなんとか育て上げた。「データによって、株一つ一つの状態をよく見てあげられるので、高品質な甘いイチゴができやすくなった」と手応えを感じている。雅幸さんも「腰を曲げず作業できるのでやりやすい。作業効率も上がった」と話す。

 毎年台風が多い9、10月になると「またイチゴがダメになってしまうのでは」と怖くなる。ただ、高設栽培を始めたことで、「ハウスを支えるパイプも台風前より頑丈なものを使っている。幾らか気持ちが楽になった」

 アルバイトをした飲食店やイチゴ直売所で経験した接客も現在につながっている。「人生初の接客で大変だったけれど、お客様の生の声が聞けて、やりがいや喜びを感じた」。20年11月から、自宅敷地内で直売を始め、通販も手がけている。

 20年以降、イチゴは順調に育っているが、ハウス再建や高設栽培に必要な機械導入に費用がかさみ、借金が残る。経営を担う雅幸さんは、娘に心配をかけたくないと帳簿も見せてくれないが、「自分が68歳くらいになるまで返済は終わらない」と言われている。

 昨年はJA足利に出荷するイチゴ農家の中で、販売成績が1位となった。間もなく、午前4時半から収穫を開始する繁忙期を迎える。「台風被害のことを考えれば、イチゴが順調に育っているだけでうれしい。いつか自分のハウスを持って、父と肩を並べられるイチゴ農家になることが目標」。嶋田さんの挑戦は続く。

農業被害177億円、イチゴ20億円超

 県によると、台風19号の農業被害額は約177億5900万円で、2015年の関東・東北豪雨の約78億円の2倍以上に達した。被害別では、農地や水利施設約110億円▽農作物約41億1700万円▽農業用機械や施設約24億5200万円▽JAなどが保有する共同利用施設約1億7000万円▽家畜約2100万円――だった。最も被害額が大きかった農作物はイチゴの約20億1900万円で、農作物被害の約半分を占めた。トマトの約6億2700万円、水稲の約5億3200万円と続いた。風水害では、1998年の那須水害に次ぐ2番目の被害規模という。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

資料をまとめてダウンロード

テレワーク関連のオススメ事例

Nike sacai ヴェイパーワッフル セサミ