新品同様 アメニティドームM スノーピーク テント/タープ 最適な材料

さまざまな業種のお客さまの課題、NTT東日本のサービスやICTソリューションの導入理由、そして効果についてご紹介しています。

EEL Safari別注 ミュールサンダル グリーン,
アテッサ ATTESA エコ・ドライブ LIGHT in BLACK,
バレンシアガ 三つ折り3ッ折 ミニ財布 ブラック 黒,

スノーピーク アメニティドームM 新品同様 最適な材料

スノーピーク アメニティドームM 新品同様
ヒマラヤで購入しましたが子どもが生まれて行く機会がなく、押入に保管していました。この度、家族が増えたこともあり、別のテントを購入したことから出品します。 なお、外箱は破棄しておりますがキャリーバッグからは一度も中身を出しておりませんので新品同様です。当然試し張りもしておりません。 緩衝材で包む簡易包装での出荷です。 定価35,424円(税込) 特徴 ○ 材質:フライシート/75Dポリエステルタフタ・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム・テフロン撥水加工・UVカット加工、インナーウォール/68Dポリエステルタフタ、ボトム/210Dポリエステルオックス・PUコーティング耐水圧1,800mmミニマム、フレーム/ジュラルミンA7001+A6061(φ12.8mm+φ12mm・前室φ11.8mm+φ12mm) ○ セット内容:テント本体、本体フレーム長(×3)、前室フレーム(×1)、ジュラルミンペグ(17cm×18)、自在付ロープ(1.4m×2、2.5m×2、2又5m×2)、リペアパイプ、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース ○ キャリーバッグサイズ:74×22×25(h)cm ○ 重量:8kg スノーピーク アメニティドーム テント
 富山県出身の作家の故・辺見じゅんさん(1939~2011年)の代表作『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』の直筆原稿などを紹介する展示「辺見じゅん特集」が富山市舟橋南町の高志の国文学館で開かれている。同書を原作にした映画「ラーゲリより愛を込めて」(瀬々敬久監督)が12月9日に公開されるのに合わせた展示
高志の国文学館の常設展「辺見じゅん特集」で展示されている直筆の取材ノート=富山市で、萱原健一撮影 拡大
高志の国文学館の常設展「辺見じゅん特集」で展示されている直筆の取材ノート=富山市で、萱原健一撮影

 富山県出身の作家の故・辺見じゅんさん(1939~2011年)の代表作『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』の直筆原稿などを紹介する展示「辺見じゅん特集」が富山市舟橋南町の高志の国文学館で開かれている。同書を原作にした映画「ラーゲリより愛を込めて」(瀬々敬久監督)が12月9日に公開されるのに合わせた展示で、構想メモなど計25点が紹介されている。2023年2月20日まで。

 同文学館は当初、辺見さんが初代館長に就任する予定だった。同書は、第二次世界大戦後にシベリアに抑留された元満鉄調査部員の山本幡男さんを主人公にしたノンフィクション。山本さんは収容所で句会を開き、母国の文化を劣悪な労働環境で生き抜く力に変えて、必ず帰国できると仲間たちを励ました。映画では、満州から日本に戻った家族を思いながら極寒のシベリアで生きた山本さんの壮絶な半生を描き、嵐の二宮和也さんや北川景子さん、中島健人さんらが出演する。

高志の国文学館で開かれている常設展「辺見じゅん特集」=富山市で、萱原健一撮影 拡大
高志の国文学館で開かれている常設展「辺見じゅん特集」=富山市で、萱原健一撮影

 25点は同館の所蔵で、常設展の特別コレクション室で展示されている。同書が1989年に講談社ノンフィクション賞、90年に大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した際の贈呈式案内状や、取材した際の直筆ノート、インタビューの文字起こし原稿など。同館の大川原竜一学芸員は「辺見が山本さんに関する聞き取り取材を丁寧にやった、その過程をじっくり見てほしい」と話している。

 入館料は一般200円。火曜と祝日の翌日は休館。問い合わせは同館(076・431・5492)。【萱原健一】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

資料をまとめてダウンロード

テレワーク関連のオススメ事例

スクイッドマニア ライフジャケット