GUCCI 6連キーケース キーケース 【あすつく】

さまざまな業種のお客さまの課題、NTT東日本のサービスやICTソリューションの導入理由、そして効果についてご紹介しています。

東武動物公園 8枚 法人アトラクションパス 遊園地 動物園,
新品 ワミレス wamiles 総合美容液 ビオセルバイタライザーαⅡ 2本,
エボルヴ 爛漫の剣技・オーレリア UR リーダーカード,

GUCCI 6連キーケース 【あすつく】

GUCCI 6連キーケース
内側に便利なフリーポケットも付いておりますので、使い勝手が良いキーケースになってます。 メンズレディース問わずお使い頂けます。 カラー···ブラック
ぐるり東京 街さんぽ 東京の街さんぽにおススメのスポットやイチオシのお店を紹介!...
ぐるり東京 街さんぽ

東京の街さんぽにおススメのスポットやイチオシのお店を紹介!スマホでチェックできるイラストマップを片手に、身近な街の魅力を再発見!毎週木曜日更新

イラスト:杉崎アチャ

イラスト:杉崎アチャ

蒲田のココが見どころ

 駅直結の大型商業施設や賑わう商店街、コンサートホールがあるなど、近年の都市開発により発展を遂げてきた蒲田。ですがひとたび駅から離れると、古き良き下町風情が残る一面も。新旧の街の雰囲気が一体化した魅力あふれるエリアです。
 路地に入れば小さな飲食店が密集する飲み屋街があるのも、また蒲田らしさのひとつ。さらに、中国やインド、ベトナムといったアジア各国の料理をふるまう飲食店が多く、本場の料理を手ごろな価格で食べることができます。
 蒲田発祥の有名な中華料理といえば、羽根付き焼き餃子。分厚くてもちもちの皮の中に、しっかりと味付けされた具材がぎっしり。極めつけは薄くてパリパリの羽根が付いていること。日本の餃子とはまた違う味わいに、人気店では毎日行列ができるほど。おいしい蒲田名物を求めて、街さんぽへと出かけましょう。

蒲田発の羽根付き焼き餃子&町中華の名店へ

 JR蒲田駅東口から歩いて、京急蒲田駅方面へ。蒲田東口中央通りを歩けば、ちょっとディープな雰囲気が漂っています。
夜の賑わいを想像しつつ、昼前の蒲田を歩いて行きます。

夜の賑わいを想像しつつ、昼前の蒲田を歩いて行きます。

 居酒屋や中国料理店の看板を横目に進み、まず立ち寄ったのは「中国家庭料理 你好ニーハオ 別館」。こちらは羽根付き焼き餃子発祥の店で、朝から客足が絶えない人気店です。
 オーナーの八木功やぎいさおさんが中国から来日した際、当時通っていた日本語学校の先生や友人たちに中国料理をふるまったところ大変好評で、とくに餃子が大好評だったことからお店を開いたのだそう。
 できたての餃子に舌鼓を打ち、再びJR蒲田駅へと戻ります。今度は大田区役所の隣にある「蒲田羽根付き餃子 歓迎 ホアンヨン本店」へ。こちらは你好の八木さんのご親族が経営されている店です。もとは大田区の糀谷でお店を営んでいたところ、大田区から誘いがあって区の施設内に移転されました。
 駅や区役所に近いこともあり、ランチは大勢のお客で賑わいます。夜も17時にオープンしたとたん、どんどんお客が入る人気店です。
 餃子は歓迎独自の製法で作られていて、もちもちの生地に白菜や切り干し大根が入り、シャキシャキとした食感も楽しめます。ボリュームもあり、食べ応え満点!
 最後は、蒲田駅の北側にある「中国料理 寶華園ほうかえん」へと向かいました。店内は昭和レトロな雰囲気で、気さくな店主と常連さんが出迎えてくれます。
 寶華園の人気メニューも、やはり焼き餃子。しっかりと味が付いているので、常連さんおすすめの酢とコショウをつけ、さっぱりといただきました。料理のおいしさはもちろんですが、なにより町中華のアットホームな空気感がとても心地よく、ついついこのまま長居してしまいそうです。

<蒲田のおすすめスポット>

◆中国家庭料理 你好 別館

 昭和58年(1983年)創業の中国料理店で、羽根付き焼き餃子発祥の店。本店の席数が少なく、常に満席で行列が絶えなかったことから、創業した3年後に別館をオープンしました。
 現在は都内に10店舗展開していて、你好で修行した門弟が各店舗を任されています。ですが餃子だけは、全店舗分が你好 別館で作られており、創業から変わらぬ味を守り続けています。
<上>ひとつひとつ手作りで餃子を作る、オーナーの八木さん(左上)とスタッフの皆さん。<下>これぞ元祖! 羽根付き焼き餃子(330円)。

<上>ひとつひとつ手作りで餃子を作る、オーナーの八木さん(左上)とスタッフの皆さん。<下>これぞ元祖! 羽根付き焼き餃子(330円)。

オーナー

オーナー

焼き餃子は1日最低でも1万個は作っています。店を開く際には多くの友人から支援いただいてオープンすることができました。その時の友人たちは今でも店に来てくれるので、これからも創業時からの味を守っていかなければと思っています。

お客様

お客様

今日は你好の餃子目当てで蒲田に来ました。しっかりと味が付いているので、私はなにもつけずに食べるのが好きです! 餃子はもちろんですが、チャーハンもおいしいですよ。


<データ>
住所 大田区蒲田4-25-7 ハネサムビル地下1階
電話 03-3734-2180
営業時間 11:30~14:00、17:00~23:00
定休日 無休


◆蒲田羽根付き餃子 歓迎 本店

 昭和60年(1985年)大田区の糀谷でオープンし、その3年後に蒲田に移転。移転当初から徐々に席数を増やしていきましたが、今ではどの時間に訪れても満席になるほど。
 パリパリの羽根が付いた餃子は、店内でいただくのはもちろん、テイクアウトも可能。焼く前か焼いたものかで選べるうれしいサービスも。餃子以外のメニューも豊富で、台湾ラーメンも人気の一品。
<上>夜営業オープン直後の店内。このあとあっという間に満席に。<下>羽根付き焼き餃子(350円)。冷たいドリンクとともにどうぞ。

<上>夜営業オープン直後の店内。このあとあっという間に満席に。<下>羽根付き焼き餃子(350円)。冷たいドリンクとともにどうぞ。

店員

店員

本場中国の餃子はニンニクを入れないのが特徴です。なので、ランチでも気兼ねなく食べていただけます。お好きな方には、ニンニクの入った酢醤油をお出ししているのでお声かけください。

お客様

お客様

とにかく安くて早くておいしいお店です! 注文してから焼いてくれるので、どんなに混んでいても熱々の餃子が食べられます。ほかのメニューを食べたあと、締めに餃子を注文することも多いです。

<データ>
住所 大田区蒲田5-13-26 大田区立消費者生活センター1階
電話 03-3730-7811
営業時間 11:30~14:00、17:00~23:00(日曜日のみ~22:00)
定休日 無休、年末年始休、半年に一回施設清掃のため休業あり

◆中国料理 寶華園

 蒲田を代表する町中華の名店で、昭和40年(1965年)に創業。現在は中華料理の修行を行った2代目の店主が、店の味を受け継いで切り盛りしています。
 店内には懐かしの曲が流れ、昭和な雰囲気漂うポスターやインテリアが飾られ、なんだか実家のような安心感がありました。常連客との気さくな会話も楽しめるアットホームな店です。
<上>いつも笑顔の店主、清水さん。<下>もっちりとした餃子(6個)は400円。4個で300円もあり。

<上>いつも笑顔の店主、清水さん。<下>もっちりとした餃子(6個)は400円。4個で300円もあり。

店員

店員

一番人気のメニューは餃子ですね。ビールと一緒に頼まれることが多いです。料理は食材の鮮度に気を付けていて、特に温度管理を大事にしています。常にお客さんが来てくださるので、どの時間帯が混むかわからず……入れなかったらごめんなさい(笑)。

お客様

お客様

職場と家のあいだにあるので、仕事帰りは必ずといっていいほど立ち寄ってしまいます。メニューの数が多いですし、書いていない裏メニューもたくさんあるんです。店主や顔見知りの常連さんとの会話も楽しんでいます。


<データ>
住所 大田区蒲田5-10-1
電話 03-3734-4440
営業時間 11:30~15:30、18:00~22:00(材料がなくなり次第閉店)
定休日 日曜


※新型コロナウィルス感染症の影響で、掲載したお店や施設の臨時休業および、営業時間などが変更になる場合がございます。事前にご確認ください。
※掲載のイラストマップは縮尺や詳細な位置など、実際と異なる場合がございます。
※2022年8月4日現在の情報です。
※料金は原則的に税込み金額表示です。
  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

テレワーク関連のオススメ事例

MH488X鳳凰ドライバー GOLD  左用 R