New LEVI'S 希少 Balance 27cm M990LI3 990v3 スニーカー 色々な

さまざまな業種のお客さまの課題、NTT東日本のサービスやICTソリューションの導入理由、そして効果についてご紹介しています。

岳蔵様専用GoPro HERO6 BLACKと karma gripとその他,
Apple Watch Series 7 GPSモデル 41mm アルミニウム,
新品タグ付き ロージーモンスター スイートピーパンツ ドット S,

希少 LEVI'S New Balance 990v3 M990LI3 27cm 色々な

希少 LEVI'S New Balance 990v3 M990LI3 27cm
スニダンにて購入。 雨の日に履かないように心がけ、丁寧に履いておりました。かかとの減りも少なく、美品です。 付属品も揃った完品です。 ジェイソンマークで洗浄済。 あくまで中古品ですのでご理解いただける方のみご購入お願いします。 今作"990V3"は、オーシャンブルーで染め上げられたスエード素材とライトブルーのデニムベースで構築された一足。サイドの"N"ロゴにはLevi'sロゴのタグを縫いつけ、お馴染みのABZORBテクノロジーを搭載。
 元プロ野球選手の村田兆治さん(72)が11日、亡くなった。豪快な「マサカリ投法」で名をはせた村田さんは、その後の多くの投手の「未来」を切り開いた人でもあった。日本球界の投手で利き腕の靱帯(じんたい)再建手術(通称「トミー・ジョン手術」)に踏みきり、初めて復活に成功した先駆者だったからだ。 ロッテの
「マサカリ投法」で活躍したロッテの村田兆治投手=1990年9月12日 拡大
「マサカリ投法」で活躍したロッテの村田兆治投手=1990年9月12日

 元プロ野球選手の村田兆治さん(72)が11日、亡くなった。豪快な「マサカリ投法」で名をはせた村田さんは、その後の多くの投手の「未来」を切り開いた人でもあった。日本球界の投手で利き腕の靱帯(じんたい)再建手術(通称「トミー・ジョン手術」)に踏みきり、初めて復活に成功した先駆者だったからだ。

 ロッテの大黒柱だった村田さんは1983年当時、右肘の故障に苦しんでいた。チームメイトだった完全試合達成者の八木沢荘六さん(77)によると、右肘の内側が拳よりも少し小さいほどに腫れており、日常生活にも支障をきたすほど。村田さんはさまざまな事例を調べ、スポーツ医学の権威でトミー・ジョン手術の創始者、フランク・ジョーブ博士を訪ねて渡米し、執刀を受けた。

 33歳で、当時なら既に引退を考えてもおかしくない年齢。何より、日本球界では肘にメスを入れるのはタブーだった時代の挑戦だった。

 結果は大成功を収めた。

 地道なリハビリをこなし、84年シーズン終盤に復帰。85年には17勝も挙げてカムバック賞にも選ばれた。記者は数年前に当時のことを尋ねた際、村田さんが「やるしかなかったんだ」という旨の言葉を繰り返したことを記憶している。エースとしてこのまま引退するか、可能性を信じて手術を受けるか。村田さんの勇気が、同じ手術を受けた米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平ら、後の選手たちの復活につながったのは間違いない。

現役最後の「マサカリ投法」で10勝目を飾ったロッテの村田兆治投手=川崎で1990年10月 拡大
現役最後の「マサカリ投法」で10勝目を飾ったロッテの村田兆治投手=川崎で1990年10月

 入団当時から頑健だったが、制球は今一つ。植村義信コーチの指導の下でフォームの改善に取り組んだ結果、あの「マサカリ投法」が誕生したという。

 実は理論的。当時は投手では一般的ではなかった腹筋や背筋などの筋力トレーニングに励んでいた。その鍛錬の結果が、「ムラチョウ」の代名詞である150キロ超の力強い直球であり、落差の大きいフォークだった。

 特にフォークへのこだわりは尋常ではない。現役当時から、満タンの酒の一升瓶を人さし指と中指で挟んで持ち上げることで、指の力を鍛えた。現役引退後のコーチ時代ですら簡単にこなしてみせたという。地道に体を鍛え続けることができる意志の強さが、手術からの復活劇や、還暦を過ぎても130キロを超える球を投げられる体をもたらしたのだと思う。

 人柄としては繊細なところもあり、年上の先輩に対してなどとても礼儀正しかったという。八木沢さんは「とっておきの野球人だった。どうしてこんなことになったのか」と惜しんだ。【岸本悠】

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

テレワーク関連のオススメ事例

セイコー 腕時計 KINETIC キネティック SRN054 メンズ